【公務員必見】民間企業への転職がうまくいかない理由4つとその対処法

スポンサーリンク




こんにちは、安定した生活を求める男、まろんです。

「公務員だけど民間企業で働きたい。でもなぜか転職活動がうまくいかない」
「どうやったら転職活動がうまくいくのか知りたい」
という経験はありませんか?

転職活動がうまくいかないと不安に思ってしまいますよね。
そこで今日は民間企業への転職がうまくいかない理由とそれに対する対処法について書いていこうと思います。

転職活動がうまくいかずに困っている方はぜひ本記事を参考にしてみてください!

民間への転職がうまくいかない理由4つ

公務員はアピールできるスキルがない

多くの公務員の場合、2、3年で部署異動があります。
とするとその度に新しい仕事を覚えなければならず専門性が身につきません。
会計課から生活保護課に移動したとしたら、せっかくの会計スキルが断絶してしまいます。

これでは面接でうまく自分の強みをアピールすることができません。

公務員は志望動機と今の仕事を結びつけることができず面接に失敗する人が多い

公務員が面接をする際にもっとも困るのは志望動機です。
未経験の業界、ましてや公務員がいきなり飛び込むことになるので志望動機をひねり出すのに苦労することでしょう。

面接では今の仕事と転職先の企業の志望動機がリンクしている方がアピールしやすいですが、公務員の仕事でリンクしていることは少なく、そのような観点からもアピールすることは難しいです。

結果として熱意を伝えきることができずに落とされてしまうことが増えてしまいます。

「公務員は使えない」という先入観を持った面接官が多い

「公務員は楽な環境にいて俺たちの税金でヌクヌクと仕事して定時帰りする使えない奴らだ」という先入観を持った面接官が一定数います(もちろん、公務員といえどもそんなぬるい環境ではないのは当たり前ですが・・・汗)。

しかし、万一このような面接官に当たってしまった場合、その面接を突破するのはとても困難と言えるでしょう。
問題はこのような考えを持った面接官が一定数いる、ということです。
その分、面接に突破しづらくなるということですからね。

SPIを舐めている

一般的に、SPIよりも公務員試験の方が難しいです。
ですから特に対策もせずにSPIに挑んでしまう公務員の方もいますがそれは間違いです。
SPIは点数が低ければ普通に書類選考で落とされますからしっかりと対策をして臨む必要があります。

スポンサーリンク

それじゃあ公務員は民間企業に転職できないのか

結論から言うとそんなことはありません。

確かに公務員は他の民間企業出身者と比べると転職する上で不利ではあります。
しかし、適切なスキルを身につけ、自分の強みをアピールできれば十分勝機はあるといえるでしょう。

スポンサーリンク

対処法

面接でアピールできるスキルを身につける

ここからは具体的な対処法について書いていきます。
公務員が民間企業への転職を成功させるにはズバリ面接でアピールできるスキルを身につけることです。

具体的には
・TOEIC
・プログラミングスキル
・公認会計士などの難関資格
などがあります。

これに加えて転職エージェントを使うとほぼ確実に転職することが可能でしょう。

TOEIC

転職で使えるスキルと聞いて真っ先に思いつくのがTOEICでしょう。

TOEICはまだまだ日本の転職市場で需要があります。
実際、高得点を取っておけば少なくとも書類選考で切られることはグッと減るはず。
それどころかTOEICで高得点を取った話を面接の際に話せばかなりいい線まで行くことができるはずです。

何より、仕事をしながらでも勉強をすることができる手軽さと言う点、コスパの高さからもっとも使えるスキルといっても過言ではないでしょう。

プログラミングスキル

公務員が転職市場であまり価値がないのはスキルがないからです。
そこで今もっとも需要があるプログラミングスキルを身につけてはいかがでしょうか。

プログラミングスキルを身につければ転職先には困りませんし、うまくいけば毎朝の電車通勤、週5勤務から解放されるかもしれません。

「でもプログラミングなんて難しそう」「転職先を探すのは面倒くさそう」と言う人でも例えばテックエキスパートのような転職支援付きのスクールに通えばほぼ確実に転職先を見つけることができます!

公認会計士or司法試験

公務員の転職の鉄板といえば手に職をつけることです。
その中でも公認会計士やz税理士、司法試験といった難関資格は昔からの王道と言えるでしょう。

転職エージェントを使う

手っ取り早く転職したいのならば転職エージェントを使うと言うのも手です。
大手ですとリクルートエージェントやマイナビ20’sなどがあります。
UZUZやハタラクティブ といったエージェントもありますね。

スポンサーリンク

まとめ

公務員は確かに民間企業への転職が難しいのは事実です。

しかし、適切なスキルさえ身につければ転職を成功させることも十分に可能です。
本記事が民間への転職を希望している方のお役に立てることができれば幸いです。

 



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください