国家一般職とかいう高齢・コミュ障・ニートに優しい職種について語ってみた

スポンサーリンク




風景 photo

みなさんは国家一般職と聞いてどんな印象をお持ちでしょうか?

給料安そう、国総の使いっぱしり、地方上級>国家一般なイメージが・・・、正直よくわからない・・・などなどさまざまな印象をお持ちではないでしょうか?

 

私も実は国家一般職試験を受ける前は給料安くてあまりよさそうなところじゃない、なによりなにやってるのかぜんぜんわからないという印象でしたが、個別説明会などを通して印象が大きく変わりました!

 

実は高齢既卒、コミュ障、ニートにも優しい素晴らしい職種だったりします。

 

そんなわけで今日は国家一般職とはなんぞやということをお伝えできればと思います。

 

国家一般職とは

一般職イメージ画像

国家総合職(キャリア官僚)が政策の企画・立案を行うのに対し、国家一般職はその政策を実際に施工・運用していくのが仕事。
1つの省庁に入ると、基本的にはその省庁内での異動になるため、1つの分野を突き詰めることができる。100年後も残るような制度作り・事業に携われるため、スケールの大きい仕事ができることが魅力。
また、検察事務官など法務省管轄の事務官になると内部試験によって検察官や弁護士など法曹資格をとる道も開かれる。

http://www.lec-jp.com/koumuin/chihou/about/work.html

とのことです。
とはいえ、その実態は省庁、機関によって大きく異なりますので、一概に国家一般職だからこう、と言うことはできません。
通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

国家一般職って一言で言っても厚生局だったり税関だったりいろいろあるもんね~

スポンサーリンク

国家一般職の主な職場

国会一般職の職場は思った以上に幅広いです。主な職場としては

各省庁

総務省、経済産業省、環境省、外務省、国土交通省 などの中央省庁
霞が関で働くことになります。
ただ、本省は激務な上に国総のパシリにされますので正直こっぱんで入省するのはおすすめできません。
桜子
桜子

本省で働きたければ頑張って国家総合職試験をパスしてください!

なお、省庁に入っても、その出先機関に行くことも多いですが、一般職は管区内採用なので、異動も管区内のみとなります。

各省庁の出先機関

法務局・検察庁・労働局・経済産業局・税関・運輸局 など
こっぱんの職場としてはこちらの方が一般的ですね。地方の出先機関で実務を担当します。
例えば法務局の場合登記業務を担当します。
異動は採用された管区の出先機関によりけりで一般的に言うことはできません。
スポンサーリンク

主な仕事

どの省庁・出先機関に入るかで仕事内容は大きく異なります。

例えば・・・

内閣府(本省):官房の総合戦略を助け,幅広い政策課題の企画立案

金融庁:金融制度の企画立案・検査監督

入国管理局:不法入国者・不法滞在者などの取り締まり

地方運輸局:民間の陸上・海上の輸送業の資格認定・免許発行・指導監督など

地方労働局:ハローワーク(安定行政)

などのように様々です。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

官庁訪問をするときはこういった業務内容の違いに関する理解が問われたりするからしっかり押さえておこう

 

スポンサーリンク

高齢既卒、コミュ障、ニートに優しいとは

桜子
桜子

こっぱんは高齢既卒、コミュ障、ニートにも優しいって言うけどどういうことなの?

高齢既卒、ニートについて

公務員全般に言えますが、こっぱんに関しては特に新卒至上主義がまかり通っている民間に比べると年齢に関して比較的緩いです。

仮に職歴がなかった、あるいは空白期間があったとしても面接できちんと理由が説明できれば思ったほど詳しく突っ込まれることはありません。

 

 

まろん
まろん

これが民間なら空白期間があるだけで門前払いを食らったりすることもあるね。

それから同じ公務員でも財務専門官などは新卒を明らかに優遇するところもあるからそこは気を付けてね。

 

 

それに比べるとこっぱんはそのあたりの差別はあまりないように思えます。

むしろ10月採用など既卒を積極的に採用しようとする向きもあります。

ただし、経済産業局は新卒を優遇する傾向がありますので注意してください。

 

コミュ障について

こっぱんは一応面接試験もありますが、その配点は筆記試験に比べ明らかに少ないです。

一次試験で実質的に合否が決まってしまうなんてことも十分あり得ます。

要するに筆記でいい点数を取ることができればコミュ障でも筆記の点数で逃げ切ることが可能なわけですね。

桜子
桜子

(コミュ障すぎて足切りにあいさえしなければね・・・)

 

人物重視()の最近の風潮がある今のご時世でこんな旧態依然な(?)制度を取り入れている試験は他にはありません(笑)

 

これがほかの公務員試験の場合、面接の配分が大きすぎてコミュ障では太刀打ちすることができません。

 

そういった意味でコミュ障の人にもこっぱんはおすすめできるのです。

辞退者が多いから採用されやすい

こっぱんはとにかく辞退者が多いことで有名です。

例えば地方上級とこっぱんの両方に受かったら、多くの人はこっぱんを蹴って地方上級を選びます。

 

両方受かる人はコミュ力が高い人が多いです。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

そもそもそうじゃなければ面接重視の地上の採用試験に合格できんだろうな。

で、こっぱんの官庁訪問にやってくるのはそんなコミュ力の高い人ではなく、同じようなコミュ障の人が必然的に多くなるのです。

 

自動的に採用倍率も低くなり、また競争する相手もレベルが低くなりますので内定を勝ち取るハードルが非常に低くなります。

 

 

こんな理由でこっぱんは高齢既卒、コミュ障、ニートにも優しいというわけです。

 

国家一般職の待遇について

お給料について

よく、国家一般職は地方上級よりも薄給だ、って言われるけど、その辺はどうなの?

比べる自治体に依りけりだね。たしかに特別区や都庁、一部の政令指定都市や財政状況のいい市町村に比べると給料は安いけど、それ以外の自治体と比べると大体同じくらいだよ。

国家一般職のお給料は俸給表と呼ばれるもので決められています。

大卒初任給の場合だいたい18万円程度です。

ちょっとすくないかな?と思われるかもしれません。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

いやいや、少なすぎでしょ!

大丈夫です。

これに地域手当や通勤手当などといったもろもろの手当が加算されてなんだかんだで結局20万円くらいになることが多いです。

手取りは14万円前後といったところでしょうか。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

それにしたって少ねーな、おい!

 

まろん
まろん

初任給だしそんなもんじゃない?

多分民間とそう変わらないと思うよ。

 

桜子
桜子

でも、そこから上がっていくのよね?

毎年数千円ずつくらいは上がっていきます。

そこは年功序列の権化、公務員と言えるでしょう。

本格的に給料が上がっていくのは役がついて等級が上がった時ですね。

そこに至るまでは雌伏の時です。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

若いころはほんと雀の涙で泣きたくなるよなぁ~

桜子
桜子

あんた何歳よ・・・

転勤について

 

僕もそれがすごく気になった(笑)

転勤は所属する官庁によって転勤の有無は大きく変わってくるみたいです。

例えば税関などは転勤範囲がえげつないことで有名ですし、本省は激務の代わりに希望すればずっと東京にいることも可能なようです。

ほかにも通信局や経済産業局ははじめの数年間は採用された局で働き、次の数年間は本省へ出向し、それからはずっと採用された局で働くなど官庁によって異なります。

転勤がないところもあるのね!

あるね、むしろ激務で転勤が避けられない国家総合職を避けて、地元にいられる国家一般職になる人までいるよ。そのあたりは個人の価値観だね。

出世について

お給料、転勤ときたら出世についてもお話しなければなりません。

出世についてはどう頑張っても国家総合職には敵いません(そりゃそうか)

 

本省の場合、こっぱん採用職員は課長になれるかも怪しいです。

多くの人が係長どまりで定年を迎えます。

 

出先機関の場合は少し話が違ってきます。

例えば経済産業局や警察(国家一般職)の場合、比較的出世が早い傾向にあります。

これは採用人数とポストの数が関係しているようです。

 

反対に検察庁の場合は上のポストは検察官が占めているため、出世はそこまで期待できません。

通りすがりのネコ
通りすがりのネコ

そもそも出世願望があるならこっぱんになっちゃだめだよ。

勤務時間について

1日8時間、原則として土・日曜日及び祝日等の休日は休み(完全週休2日制)
これが基本ですが、最近はフレックス制となっている省庁も多いみたいです。

 

省庁によっては勤務時間が不定期となる場合もありますね。

税関がその最たる例でしょう。

 

また、出先機関は定時かシフト制になっていることが多いです。

出先機関の場合、仕事内容も簡単で、仕事量自体もそこまで多くないのでよほどハズレ機関、ハズレ部署にいかない限りはワークライフバランスの取れた社会人生活を送ることができると思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

こっぱんという職種について少しお分かりいただけたでしょうか。

 

つまるところこっぱんというのは

高齢既卒、コミュ障、ニートにも優しい

・出世、給料を望むのならそもそもなっちゃだめ

・それでも一応暮らしていけるだけのお金はもらえる

・ワークライフバランスを一番重視する人に向いてる

・省庁さえちゃんと選べば転勤もない

以上のことが言えますね。